Home » 国が実施してる雇用対策

国が実施してる雇用対策

今では、若者の非正規雇用が増えてきました。
一度、非正規雇用で採用されてしまうと、中々正社員での雇用が難しいです。
若者の3分の1が非正規雇用になっていて、問題になっています。
非正規雇用の若者が増えると、若者の生活が苦しくなるだけでは無く、少子高齢化問題も加速させてしまいます。
若者の収入が減る事で、結婚が出来なくなります。
それは子育てに掛かる養育費が払えないから、収入の低い男女は、結婚活動でも敬遠されてしまうからです。
非正規雇用で働いている方が怠けているのでは無く、しっかりと働いているにも拘わらず、契約上の問題から、正社員には上がれない状況が、各企業で作られてしまっています。
なので、国はこの様な問題を解決する為に、努力して働いている非正規雇用の方が、より報われるように、正社員に昇格出来る様な改革を提案しています。
例えば、企業に対して、非正規雇用の数を削減する様に通告したり、法律を改正しようという動きがあります。
それに、非正規雇用の方にスキルアップをして貰う為に、ハローワーク等で、無償で資格を取らせてもらえたり、正社員に必要なスキルを磨く、職業訓練を受けられたりします。
非正規雇用で苦しんでいる方に対して、無料の相談窓口を設立して、一人一人、親身になって相談に乗ってくれて、解決策を提案してくれます。
企業は、学歴だけでは無く、やる気があり、即戦力で使える人材や、実績のある優秀な人材を採用する傾向にあります。
なので、国が職業訓練場において、企業から需要を受けやすい、人材を育成したり、実績を身につけさせてくれたりもします。
実績とは、職業訓練場だけでは無く、実際の企業に対して、試験的に置いてもらい、実際の仕事をさせてもらったりもします。
そうする事で、働きぶりに応じて、正社員契約まで行ける方も大勢居ます。
これは、企業からしてもメリットがあるもので、面接だけでは、実際に働かせてみなければ分からないリスクがあるので、働き振りを見て決める事で、安心して採用が出来ます。